Design of Experiments

実験計画法:分散分析など,各種統計的手法に適した信頼性の高いデータを効率的に得る実験を成功させるためには,どのようなことに注意して実験を計画すべきかをまとめたもの1)

分散分析に適したデータとは,誤差の小さい(=精度の高い)データ1)

直交配列表

直交計画:実施すべき実験の数が多くて負担となりそうなとき,要因と水準が効率よく割り付けられた直交配列表を利用して,実施する実験の数を減らす手法1)

目的要因

因子:某添加物の量2)

水準:第一水準(5%),第二水準(1%現行)

1)入門統計学-検定から多変量解析・実験計画法まで

P162~ 実験計画法

2)目的機能と基本機能(1) 田口玄一


How2Use


目的機能と基本機能(1) 田口玄一


マルチエージェントモデルを用いた河川氾濫時の避難行動シミュレーション

実験計画法により避難行動に影響を及ぼす要因を分析する.

直交表の各要因パラメータ

L18直交表

遺伝的アルゴリズムと粒子群最適化法を用いた実測水位に基づく分布型流出・洪水追跡のパラメータ最適化法


コンジョイント分析:単純,かつ現実的なアンケート調査によって,商品やサービスを構成するさまざまな属性の重要度を明らかにする手法で多変量解析の1つ.回答者に提示するプロファイルカードを作成する際に直交計画を用いる1)

属性:商品やサービスの基準1)

 

Rでコンジョイント分析

1)入門統計学-検定から多変量解析・実験計画法まで