Paper

1.はじめに

背景

目的

2.使用データ

大量点群

3.処理・手法

TIN

Modern OpenGL

4.結果

Spec & FPS

5.まとめ